キャッシングの審査

個人信用情報機関について

キャッシングの申し込みの後に行われるキャッシング審査では、自己申告した情報よりも重要視されてくる情報というのが、過去の借り入れ状況や返済履歴になります。

 

それは消費者金融会社が、申込画面に入力、または、申込用紙に記載された情報だけでは、経済的な状況に関して確実な情報を得ることができないからです。

 

そこで消費者金融会社はどうするかというと、個人信用情報機関と呼ばれている機関へ照会を依頼するのです。

 

そこには、消費者金融をはじめ、クレジットカード会社、銀行、信販会社などを利用している人の情報が管理され、随時更新されています。

 

そのため、過去にクレジットやローンなどの返済で延滞を繰り返したことがあるといった場合は履歴が残ってしまいます。

 

また、消費者金融のキャッシングで借入れをしていることなどもすぐに分かりますので、数社で借入している状態といった場合も、審査ではマイナス要因となってしまいます。

 

教えて!キャッシング審査

キャッシング審査といえば、新規に申し込みをする場合も気をつけてくださいね。キャッシングの申込みをすると、消費者金融会社は必ず情報機関に照会をかけます。

 

信用情報機関が管理している個人情報の履歴は6カ月間残ります。そのため、例えば、短期間でいくつかのキャッシング会社に申し込こんでしまうと多重債務などの疑いを持たれる可能性があるため、キャッシング審査に通らないことがあるのです。注意してくださいね。